外壁塗装で使用される道具

外壁塗装で使用される道具一覧

サンドペーパー


サンドペーパーって、耳にした事はある表現だとおもいます・・・そうです!紙やすりの事ですよ。サンドペーパーとは、研磨加工に用られており、紙に砥粒を塗布した研磨材の事を言います。紙やすりや研磨紙等とも呼ばれています。
サンドペーパーは、研削理解するより、研磨作用をするものであると理解すると良いでしょう。砥石と同様のイメージでとらえると理解しやすいでしょう。
そのサンドペーパーの使用方法とは?必要なサイズに切り、研磨材が剥落すると寿命と判断する消耗品であります。布に研磨材を接着してあるタイプの物もありますが、このタイプの方が耐久力があります。更には、目詰まり後も、叩けば削り屑を落として再度寿命迄は使用出来る。そもそも、サンドペーパーとは広範囲の研磨に適しており、素材表面に付着した錆や塗料等の被膜を削り落とす作用があります。また、広範囲を削る事で曲線は滑らかさを実現させる事も出来るのです。研磨材の種類も豊富であり、金属用・木工用・合成樹脂用等があります。目の細かいものは、サンドペーパーを使用する事で、表面を光沢ある状態に迄仕上げる事が出来ます。
サンドペーパーとは?耐水性の物と非耐水性のものがありますが、耐水性のものは耐水ペーパーと呼ばれ、金属用に使用されるケースが一般的。また、非耐水性のものは木工用等に有効であるとされています。布に研磨材を接着してあるタイプの物になると、耐水性である事が多く、接着剤も強固であり動力工具に取り付けて利用される事が多いとされています。一般的にも、サンドペーパーは”目の粗さ”が違う事をご存じの方多いでしょう。研磨材の粒度により、”目”の粗さが定義化されています。目の粗いものほど数字が小さいのが、目の粗いものとなります。一般に数字に「番」をつけて呼称する。
使い方は、イメージとして捉える事が出来るでしょうが・・・
大まかには次の通りです。
●対象物の表面に研磨面をこするように使用します。
●平面に設定した台に貼り付けて使用すると、広い平面性を表現する事が出来ます。
●細く裁断し使用する事で、工芸や模型作成等にも最適な使用をする事が出来ます。狭く、細かい部分の研磨に効率的です。
●目の細かいものには、潤滑(水・油・グリース等)し研磨する事により表面をさらに滑らかな印象とする事が出来ます。
●作業効率アップ作戦として、電動工具に取り付けて使用する事も出来ます。

 

スプレーガン


スプレーガンとは、何となくのイメージは出来る商品ではないでほうか?
エアガンの様なもの??
スプレーガンとは?トリガーが付いたガンタイプ形状の商品となります。
コンプレッサ(空気圧縮機)を使用する事で、液剤を霧化して使用します。
離れた被塗布物を対象として吹き付ける機器のことを言います。
ピストルのような形のスプレーガンを塗装に使っている物もあり、スプレーガンの用途とは実に豊富な用途に使用可能なのであります。潤滑のために使用したり、加湿や冷却を目的として使用する事もあります。そんなスプレーガンの形状も実に様々です。その形状も、も手動タイプのみならず、電気信号化されオンオフされ電磁弁の空気力で霧の噴射・制御が実行されるといった自動スプレーガンと呼ばれる物もあります。このタイプは、工場での使用が大方です。また、自動スプレーガンを製造・販売するメーカーは扶桑精機と呼ばれる企業になります。製品はルミナというブランドです。扶桑精機は、豊富な機種を揃え、使用用途も豊富に対応出来るスプレーガンを取り揃えています。また、特殊なスプレーガンを作ってほしいとしたときにも、その受注を受ける事が出来る企業です。
まさに、特殊タイプのスプレーガンの生産を得意としているのが、扶桑精機であると言われています。
我々の日常生活においても、実はとても身近な所にスプレーガンを使用した商品があるのです。ちょっと紹介しますね。いつもの運転している自動車を始めてとして、スマホだって必需品ですよね。仕事に欠かす事が出来ないパソコンに・・・お薬や焼きおにぎりに到るまで・・・ここではとても紹介しきれませんね。実に身近な存在である事を理解する事が出来る事でしょう。
そんな、身近なスプレーガンを選ぶ時には、ここを注意して選んでくださいね。
本来は、塗装専門業者が使用するアイテムですから、素人が使用する時にはポイントを理解した上で、適切な使用をお願いしますね。
まずは、使用の目的を明確にする事です。何を塗装するためにスプレーガンを使用するのが?塗装の規模はどの程度であるのか?その目的によって、スプレーガンの仕様も異なります。部分的な塗装か?小規模な塗装か?塗装面積によっても、お勧めのタイプも違ってきます。リング性の良い、小型精密タイプの物や、ハンドリング性能が高いものがあったりと、その使用感は異なりますから、塗装目的と使用する面積を考慮してスプレーガンが選んでくださいね。作業を効果的に進める為にも、必要な事ですから。

 

マスカー


マスカーって聞いた事がありましたか?
とても優れた商品ですが、意外と知られていないのです。ですが、とっても便りなグッズなんですよ・・・まさに、その使用感は、必見です。ちょっと、マイナーなイメージがある商品ですが、活躍する場面は実の多く、一度使ってみるとその便利さから手放せなくなるアイテムであるとも言われている…マスカー!
掃除を始めとして家庭菜園でも活躍する事も違いありません。更には、防災用品としても機能的に利用する事出来るでしょう。そうそう、私はキャンプの時にたまたま車に入っていたので、利用しました。急場凌ぎとして、とっても重宝しました!いったい、どういった商品なのかといいますと?テープとシートの融合商品。マスキングテープと、養生シートを一体化させたものになります。高効率養生資材!それが、「マスカー」。
「養生」とはよく聞きますし、イメージしやすいでしょう?作業現場で養生を施す時に、マスキングシートと養生シート用意して貼り付ける作業工程があります。この過程を楽にするために、使用する養生資材が「マスカ―」なのです。「マスカー」を使用する事によって、作業を非常に迅速に進める事が出来るのです。資材を個別に用意する事がなく、作業が楽になりとても効率的な養生資材と言えるのです。その効果は、従来の養生と比較しても同レベルの養生効果を期待する事が出来ます。効果が低くなっている事はありませんので、安心して使って下さいね。使用感が、とても良いのもこのテープの特徴的な事になります。手でカットしても垂直を保てるので、簡単であり誰でも効率的なマスキング作業が出来ると言える点でも、とても効率的な養生資材となります。
従来のマスカーの特長としては、作業中に破れやすく垂直にテープを破る事も出来ず、塗料もはがれやすく、マスキング作業にも時間が掛かったり、非効率的な側面が大きかったのですが・・・新しく開発されたマスカーは、作業中に敗れる事がない様に、その仕様を改めました。ポリエチレンの強度をアップさせたのです。塗料の剥がれ落ちにも改良を加えました。カット性能もよくなりより作業が効率的となり、養生にかかる時間を大幅に短縮する事となりました。建築業界を始めとして、掃除や塗装といった場面で多く使用される事が多いですが、一般的なご家庭のあらゆる場面でも活躍のしがいがある資材です。
個人的には、子供の髪をカットする時にカバーシートの役割として利用しています。
結構いい仕事をしてくれますよ。後片付けも楽ですし。家庭の主婦としてもお勧めの資材と言えます。

 

マスキングテープ


マスキングテープって、良く耳にするでことでしょう?所謂養生資材の一つとなります。塗装の際にも活躍します。塗装のはみ出しを防止し、作業箇所以外を汚さない為に貼る保護用粘着テープの事を言います。そもそも「マスキング」の意味とは?「包み隠す」、「覆い隠す」といった意味があり、専門的には「養生」と呼ばれます。マスキングテープも、養生資材と言えるのです。一般的な使用方法としては、塗装やシーリング・コーキング等の目的で使用されるテープの事を指します。
テープ基材の質感から、装飾やラッピング・メモ等の役割も果たす事もあります。
粘着力が弱いテープとなりますが、その点は実に効率よく機能するのもマスキングテープの良いところです。仮止めテープとして利用する事が出来る点からも、機能性があるテープとして機能しているのであります。
マスキングテープ誕生の歴史は、3M従業員であったリチャード・ドリューの開発によるものです。ドリューが見たものは?ここから、マスキングテープ開発の道筋が開かれたのです。塗装工が自動車に糊や外科用の布テープで張ったブッチャーペーパーを剥がす瞬間を見たのです。その時、自動車の塗装も剥がされているのを見たのです。剥脱部分を再塗装するとコストがかさむので、粘着力の低い接着の為のテープが必要ならば、粘着力が低いものが必要であると痛感したのだそうです。こうした過程を経て、マスキングテープは研究が開始されたのでした。そして試行錯誤の末、1925年にドリュによりマスキングテープは誕生したのでした。当初の物は、伸縮性が低く、後に改良されたのでした。
日本においても、1918年に実用新案を登録、1938年に日本粘着テープ工業株式会社(現寺岡製作所)が塗装用火薬包装用として、和紙製マスキングテープ製造を開始。以来、世界で和紙製マスキングテープが使用される様になりました。
今のマスキングテープの使用を見ていると、その使用方法は実に多岐にわたっており、商品も実に豊富になっている印象が強い事でしょう。とてもキュートな物が多く、その存在価値は、まさにてテープの域を超えて、”雑貨”として定着している印象が強くなっていると言えるでしょう。今は、マスキングテープも、専門職の方が使用するアイテムを超えて、文房具としての価値を呈しているとも言えるでしょう。
現在は、文房具好きの方の間でも人気の商品となっています。豊富な材質・粘着力・幅・色・柄があり、使用用途によって使い分けられているです。

 

刷毛


刷毛とは、誰しもが使用して経験がある事でしょう?
良く、小学生時代等に使用しませんでしたか?
そんな刷毛ですが、実に種類が豊富であり、どう選んで良いのか?と思いませんか?実際に刷毛には無数の種類が存在します。その数の多さからも、まるで専門用語の嵐であるかの様な印象を抱くかも知れませんね?
これが、刷毛なの?と思える様なネーミングの物があったりと・・・
実に良く深い印象を余儀なくされる事でしょう。
そんな刷毛には、サイズがあります。このサイズも実に豊富です。
表に記載がありますが、「号数」により刷毛の大きさが変わります。数が増えるほど大きくなります。”号数×3”という式が頭に入っていると、大よそ”ミリメートル”サイズに換算できると言われています。塗装面積やどこの場所を塗装するのか?この点が的確に理解出来ていると、上手な刷毛の購入が出来ると言われています。塗装を綺麗に仕上げる事は、刷毛の選択から始まっているのです。適切な刷毛を選択する事から、塗装は始まっているのです。参考迄に、次の資料を添付します。

 

号数 ミリ
3号 10mm
5号 15mm
8号 25mm
10号 30mm
12号 36mm
15号 42mm
16号 48mm
20号 55mm
25号 70mm
30号 84mm

 

種類が豊富な刷毛ですが、代表的な物をピックアップしておきます。
●水性用刷毛
水性塗料専用でソフト性能。速乾水性塗料用から国産ナイロン最高級とされる毛を用いた化繊刷毛となります。毛色は、白色、茶色が特徴。毛質は柔らかく、塗料の含みが良いとされています。
●油性用刷毛
ラッカー・ニス・油性ペンキや溶剤系に適切に機能します。水性同様顔料の含みが良く、毛色は黒色・茶色が特徴とされる。
●万能刷毛
水性、油性共に使用可能な刷毛。その用途は、実にオールラウンド。
外装、鉄部や高粘度の溶剤系にも、十分に対応しています。両材料を使用している方には、実に最適な刷毛となる事でしょう。
●目地刷毛
細かい箇所にも適切に機能し、小回り性能が高くきれいに塗れると共、便利は1本です。狭くて、溝がある部分等には非常に機能的に作用する事でしょう。作業能率も格段にアップすると言われている、機能性が高い刷毛と評価出来ます。水性用、油性用があり、用途に合わせて使用してください。
すみ切り・ダメ込み
狭い箇所の隅をそろえて塗ることをスミ切りといい、8号・10号(25mm・30mm)が多く使われます。入隅、出隅部などの深みがある部分をそろえて塗ることをダメ込みといい、10号〜20号(30mm〜55mm)が多く使われています。このあたりは確実に専門用語ですね。 こちらも水性用、油性用有り。 
「刷毛なんてどれも同じ・・・」と考える方もいるでしょ?ですが、それは大間違いです。刷毛によって、その仕上がりは全然違ってきますから、刷毛選びはとても重要と言えるです。

 

皮スキ(かわすき)


塗装用具の一つである皮スキ。その使い方について一緒に勉強しましょう。
素敵なペインティングのする為の決め手は、まさに下地調整と言えます。下地調整とは「はがす」「埋める」「磨く」の3要素から成り立ちます。素材そのものに適切な塗料を使用する事が一番重要である事を理解してから塗装を始めて下さいね。
そこで、使用する道具の紹介になります。まずは、剥がすという工程で必要となる工具の中に、皮スキというものがあります。塗料の塗り替え時や、古塗膜をはがす事は、下地調整の第一歩となります。新しく塗装をする為にも、剥げて凹凸を感じる様になった素材は剥がす必要があります。その際に使用される工具の中に皮スキがあります。他には、スクレーパー、ワイヤーブラシ等が古い塗料をはがすには、効率的な道具とされています。皮スキを使用する事によって、とっても綺麗に古塗膜をはがす事が出来ると共に、作業が楽であり、効率良く作業が進むので時間の節約にもなりますね。DIYがお好きな方だと、新たに自分で塗装をする事があるかも知れませんね?そんな時には、絶対にマイ工具箱に入れておきたいアイテムと言えるでしょう。古塗膜が綺麗に剥がれないと、イライラ感も募る事でしょう。綺麗に剥がれ落とす事が出来る事で、次の塗装においてもストレスフリーで行えるので、作業効率も格段にアップする事はずですね。まさに、塗装の必須アイテムと言えるでしょう!皮スキなのです。
ホームセンター等で、豊富に種類がありますから一度実際に触れてみると良いでしょう。工具を知る事で、DIYも楽しくなりますよ。ちょっと、やってみたくなるものです。
個人的に、ホームセンターに行ったときの事、皮スキを探しにいったのですが・・・スクレーパーの事でしょうか?と店員さんに言われました。確かに、見た目、形状は同じでした。呼び名が違うだけ?用途も違いますか?答えは?呼び名も用途も違いますよ。皮スキとは?皮革を薄く削る道具であり、スクレーパーとは?平面に付着した塗料や接着剤を剥がす道具であり、シール等を剥がす時にも有効です。ときにも使いますね。確かに、見た目には同じなので、パート従業員さんだと、こういった対応になった事も理解出来ます。皮スキは「皮」とあるだけに、皮に対しての使用品目という事になるのです。主に木製の柄に、金属ヘラが付いている道具であり、ペンキやシール、更にはさびを落としたりする時に効果的に対処します。そんな皮スキには、数種類のタイプがあります。使用目的に適切な皮スキを選んでくださいね。

 

養生シート


養生シートって、聞いた事はある表現ですよね?
資材関係言葉の中でも、比較的耳馴染みがあるのではないでしょうか?
養生とは、建築・引越し等作業中において、作業の対象物の周辺にある物を汚損や傷から保護する事を目的として、使用されるシートの事を言います。
このシートで保護する事によって、作業の進捗状況もより効率的となるのです。
予期せぬトラブルになる前に、事前に手を打っておくといった所ですね。
実に使用用途は豊富であると言えるでしょう…養生シート。
生活のあらゆる場面において使用されているのをよく目にする事があるでしょう?
建築分野でも使用においては、作業中に建材面等にビニールシートやプラスチックカバーをかけて保護する事。この時に使用するシートの事を、養生シートというのです。
また、建設作業時にも作業範囲内や近接する物に対して養生を施す場合があります。重機の使用が想定されるケースで、誤って接触したり損傷させたりする事や、切断の危険性から守る意味もあります。災害はいつ起こるか?わかりませんから、未然の準備の為にも、養生シートが果たす役割は大きいと言えるのです。そして、電気工事の時にも養生シートは活躍します。この時、工事に必要でないと思われる金属部分が露出されている時は、絶縁体で覆う等の処置が肝要となりますので、養生シートで被う事が一般的な処置となるでしょう。こうする事によって、二次災害を防ぐ事にも繋がります。万一の感電や短絡を防止する事に繋がりますので、危険防止の為にも養生は必須と言えるのです。
更には、コンクリート施工時には、利用されます。コンクリート施工の際には、充分に硬化させる事が必要です。一定以上の温度、規定水分含有量を保持する必要があります。必要な温度・防水等の管理や作業全般を指して「養生」という表現をする事もあります。
参考知識迄にかいておきますね。
養生シートは、こんな状況下の時にも活躍するのです。それは、冬場の現場での使用になります。水分が凍結するような寒さの中での施工となる時等は、品質が均一になら無い事があります。こうなると、必要な強度が得られなくなる事があります。また、大雨の影響等で表面が水分過多となると、強度が落ち、剥離してしまう事を想定する事があります。これらを防ぐために、一般的には周囲を養生シーでを敷設し、場合によっては特殊な薬剤を用いることもあるのです。養生シートとは、あらゆる場面において効率的な作業の助けとなるのでした。

 

ローラー

 

砂骨ローラー(さこつローラー)


砂骨ローラーとは、耳慣れない言葉ですが、塗装用ローラーの一種となります。一般的なローラーがウールローラーとなりますが、その違いは?特別な用途で使われるのが、砂骨ローラーなのでしょうか?
砂骨ローラーの別名は?別名マスチックローラーとも呼ばれます。そのローラーの役割や素材・形状的を総称し、多孔質ローラーやパターンローラーという呼ばれ方もしております。主な特徴としては、塗料部分が網目状であり、
液状塗料を塗布する事な不可能です。主な用途は?砂骨ローラーを使用して、モルタルを塗った時に、そのの面に凹凸模様を作りたい時に、砂骨ローラーは機能的と言われています。その際に効率的に機能する塗材とは、硬質と弾性の2種類となります。硬質塗材使用時の砂骨ローラーの用途としては、ひび割れの多いモルタル外壁面に有効であり、ひび割れの予防のために厚みを付けた塗装を行いたい時にも、有効に機能します。
●新しいモルタルを塗った面を仕上げる際に、飛散防止作用が高い。
●吹き付けたくない部分を守ります。
●改修で部分的にモルタル補修を行い、廻りの既存パターンを使用せず、簡易的(安価)で済む下地パターンを作りたい時にも有効。
●既存下地の上に新しい柄のパターンを付けたい時。
また、弾性塗材時の砂骨ローラーの用途としては、モルタル外壁にヒビが目立つ様になった時に有効です。表面にヒビの印象が顕著とならない様に、弾力性のあるゴム系材料を塗ります。厚みを付けたいので、砂骨ローラーで凹凸模様を付けて塗りるのです。
そんな砂骨ローラーのバリエーションとは?
そもそも、各種ローラー規格に適合して作られています。主に回転部分の径の太さと、ローラー自体の長さにより、規格が定められます。
砂骨ローラーは、塗装部部の用途に的確な特殊な形状のものが、豊富ラインナップされているのです。網目も、荒いもの・細かいもの・極細かいもの、といった様に大まかに3種類程度となります。最後は、砂骨ローラーで塗る時の注意事項についてですが、塗装後は、塗装前迄の印象と模様はガラリと変わる事が多いでしょう。あなたのイメージとあまりにも異なる事で、後悔する事があるかも?知れません。使用前には、このイメージの変化を余儀なくされるかも?という点について理解してから使用してくださいね。
新しい凹凸が表現されるでしょうから、塗る前の表面とは印象が異なり、その凹凸にも呼び名があります。「さざ波調」や「マスチック柄」・「さざ波模様」という表現となります。模様の呼び名も、変わります。依頼主は、塗装後について、十分理解する必要があると共に、業者も施工主にはその点についても、十分注意喚起をする必要があると言えるでしょう。

 

脱泡ローラー


脱泡ローラーの知識について調べ方・・・なかなか脱泡ローラーについての知識を見つける事は難しかったのではないでしょうか?
脱泡ローラーについて語る前に、FRP屋上防水工事について少々。
FRP屋上防水工事に脱泡作業という項目がありましたが?FRP屋上防水工事の脱泡作業とは?ガラス繊維に2液型弾性ポリエステル樹脂をしみせます。その内部の気泡を脱泡ローラーで抜いていく作業の事を言います。イメージは出来てきましたか?
FRP屋上防水工事において重要とされる事の一つに、樹脂と硬化剤の配合があります。脱泡屋上作業においても、FRP防水の防水機能をより効果的に長持ちさせる為には大事な作業になるのです。FRP防水工事施工後は素人の施主様が見ると、その工事の是非を理解する事は難しいと言えます。まさか、気温に応じた樹脂と硬化剤の配合や、脱泡作をいい加減にされたとは思うはずもないでしょう?ですが、FRP防水工事に不慣れな業者の対応においては、そうしたまさかの施工を施しているケースがあるのも事実なのです。こうした最悪なケースに遭遇してしまう事により、地震でもないのにFRP防水層に亀裂が確認されたり、ぱっかりと割れてしまう事があるのです。適切な業者で対応してもらう事が易化に重要な事か?理解出来る現実と言えるでしょう。再施工する事にならない様にご注意を。
つぎは、そんなFRP屋上防水について説明します。まさに、施工には道具が命とも言われています。
その道具の一つに、脱泡ローラーがあります。対象物や場所に、フィルム等の素材を均一に貼り付ける為に用いる道具の事を言います。ムラなく張り付ける事が出来るでしょう。この脱泡ローラーを使う事によって、接着面に入りこんでしまう空気を抜く事が出来るのです。まさに、綺麗に仕上げる為の必須アイテムと言えるでしょう。
また、使用後の道具を綺麗に洗浄する事も次の作業においては重要なポイントになります。
FRPに関する道具は豊富にありますが、脱泡ローラーは、アセトンにつけ置きすることが推奨されます。その時の注意点ですが、脱泡ローラーを樹脂の中に絶対に入れないこと。
この点は、絶対に守って下さいね。中芯から樹脂ごと固まるので、脱泡ローラーが短寿命となります。揮発性が高い事から、外で揮発させて下さい。大量使用すると、廃棄に時間がかかります。少量で何度も洗浄を繰り替える方法を取るのが効率的と言えるでしょう。
まさに、作業にとって道具は生命線である事を理解して、適切に洗浄しましょうね。

 

羊毛ローラー(ウールローラー)


リフォームの時に、特に外壁塗装の際には、その威力を発揮するのがウールローラーなのです。ウールローラーの表面とは?円筒形であり耐水型紙で出来ていて、芯は繊維毛を植毛した造りであり、建築物の塗り替え時に活躍するローラーとなります。ローラーの表面は、羊毛状で、毛丈、素材、サイズ、形状等も実にバリエーション豊なラインナップとなっています。ウールローラーを使用する事で、塗装を均一に保つ事が出来ると共に、外壁の模様を表現したい時にも最適なローラとして機能します。
そんなウールローラーの主な種類とは?大きく分けると3種類に分類され、主に芯の表面から毛先までの長さにより分類されています。短毛ローラーとは?毛足が4?5mm程度のウールローラーであり、鉄扉の塗装に多く用いられる事が多く、滑らかな仕上がりを実現したいとする方には、その有効性は高く評価されています。
中毛ローラーとは?毛足が13mm程度のウールローラーで、最も広く利用されているウールローラーであり、まさに万能型のローラーであると言えるでしょう。
長毛ローラーとは?毛足が20mm以上のウールローラーで、毛足が長いので凸凹の塗装面でもその利用価値は、非常に高く評価されており、容易に凹凸面の塗装に対応することができるのです。また、広範囲を対象として塗装に適しており、砂骨ローラと共に外壁塗装等に有効に機能するローラーと言われています。羊毛ローラーの方が、砂骨ローラーと比較しても、外壁塗装においては一般的に使用されているローラーと言えるでしょう。
更には、使用する塗料の種類や施工主様が理想とする仕上がりや、下地の状況を理解して、その性質等から、適切なローラーを選択して使用する事により、より良い施工を実現する事が出来るでしょう。豊富に種類がある事からも、それら種類の特性も理解しつつ、素材とより適合する種類の物を使用しましょう。
ウールローラーを使用する事により、厚塗りも可能となる事はご存じでしょうか?クラック(ひび割れ)が多い外壁には、一般的には砂骨ローラーが適しているとされています。その理由としては、容易に厚い塗膜を作ることができるカラであると言われています。ですが、羊毛ローラーを使用しても、塗る回数を増やす事で、砂骨ローラーと同レベルの厚い塗膜を実現する事が出来るとされています。
まさに、塗装も使用する工具によって、その仕上がりも大きく影響するのです。
道具の特性を理解しつつ、その機能を効率よく活用していきたいものですね。

 

抑えローラー(ヘッドカットローラー)

 

外壁塗装工事の際には、ローラーが活躍します。ローラーとは、ただ塗るだけの道具ではありません。数多くのローラーが存在し、羊毛ローラーや砂骨ローラーの様に塗る為としての道具もありますが、それ以外の作業に使われるローラーも実は数多くあるのです。理想的とされる塗装を完成させるためにも、適切なローラーの使用が肝心な事となります。そこで、抑えローラとはどんなローラーの事を意味するのでしょうか?塗装の工法により、適切とされるローラーは異なるのですが、抑えローラーの使用が有効な工法があります。その工法とは?塗料を吹き付けてデコボコを作った後に、そのデコボコをあえてつぶして模様を作る工法です。その時に使用すると適切に機能すると言われるローラーが、ヘッドカットローラーや抑えローラーが最適であると言われています。
ローラーの種類によって、その成せる仕事には違いがあるのです。
と、言った様にローラーとはだた塗装をする為の目的で使用されるものではありません。的確な仕事をするための道具として、ローラーの種類も異なりますから、あなたの使用目的に適切なローラーの使用をしてくださいね。ホームセンターなどに足を運んでみるとお分かりの事と思いますが、外壁塗装を行う際の工具もとても種類が豊富であると実感する事でしょう。DIYなどを楽しまれる方だと、その種類の豊富さは、たまらない魅力を感じると言われる事も理解出来る程豊富なラインナップとなっています。
近年の外壁塗装事情を見ていても、かなり色々な外壁が登場していますよね?
抑えローラを使用する工法である。でこぼこをあえて潰す工法により、模様を表現するなんて、とても斬新で個性も表現出来そうで魅力的であると言われている工法であります。
この工法は、DIYをされる方で自宅物置に施す事を検討されて、抑えローラを使用する方もいるとか。自分でオリジナルの模様を表現する事が出来る工法ですから、とても魅力的であると言えるでしょうね。自分オリジナルの空間演出を実現する手法としては、表現しやすい工法の一つでもありそうです。
あなたの建築物に効率的に機能する外壁塗料を使用し、あなたらしい外壁を実現出来ると良いですね?そのためにも、あらゆる工法の技術を知ると共に、外壁塗装の工具についてもちょっとホームセンター等を除いて見て下さいね。新しい発見が期待出来る事でしょう。