チョーキング現象

チョーキング現象

チョーキング現象(白亜化現象)って何?
チョーキング現象とは?外壁塗装に塗膜(外壁に塗料を塗って出来る膜)の劣化現象が生じる様になると表れる劣化症状の一つとなります。その症状とは?少し触っただけでも、その外壁の色の粉が手についてしまう事でしょう。この様に、指でちょっとなぞるだけでも、塗料の色が指についてします時は、外壁が劣化してチョーキング現象が起こっている状態と言えます。素人であるあなたが、チョーキング現象を理解する目安となるのがこの様に指に塗料が付いてしまう状況にある時なのです。この様な時には、外壁の再塗装が必要な時期であると言えるのです。チョーキング現象について、「白亜化現象」「塗料の風化」さらには「粉が吹く」なんていう言い方をされる業者さんもいるのです。
また、このチョーキング現を起こさない塗料もあります。そもそもチョーキング現象とは、塗膜(外壁に塗料を塗って出来る膜)の中に存在する顔料が粉化した事によって、表面化される現象であり、顔料が含まれていないクリアー塗料では、チョーキング現象を起こさない塗料もあるのです。色のついている塗料については、ほぼ全ての塗料において経年と劣化現象としてチョーキング現象は生じると理解するのが無難でしょう。
確かに、チョーキング現象が起こるという事実は、確かに外壁の劣化が起こっているのですが、この現象とは?劣化現象の中においてはまだまだ初期の段階として発症している現象であり、今すぐに再塗装を施さないと手遅れといった状態ではありません。よく悪徳業者が行る悪技ですが・・・施主様の心理をあおる様な手法で、
チョーキング現象が生じているので、今すぐ再塗装をしないと貴方の住宅は二次被害と生じる事になりますよ!等と実に緊急性をアピールして緊急で再塗装を行わせるケースがありますが、再塗装の緊急性を要求された時は、まずその業者悪徳業者であると思って下さい。まず、間違いない事実と言えます。
もし、貴方の住宅が築10年程度であるとしたら、まずチョーキング現象が生じていますよ!と再塗装をアピールされても、築10年程度ですぐに再塗装をしないととんでもない事になる訳がありません!築10年程度で、一度外壁の再塗装をする事は確かに住宅にとっても理想ではあります。ですから、築10年ですぐに再塗装をしないとあなたの住宅に不利益が大きくなり、手遅れ何てことはないのです。悪党業者には、要注意を!


チョーキング現象が起こる原因は?

外壁塗装の世界において、塗膜が劣化を迎えている症状の一つである「チョーキング現象」。そのチョーキング現象とは、外壁に指などが触れてしまうと、外壁の粉の色が手に付く事がありますが、なぜこの様な現象が起こるのでしょうか?業者さんの中には、この現象を「白亜化現象」等と呼称する事もあるのですが、具体的な原因とは?
外壁の再塗装の時期を判断する一つの目安となる、チョーキング現象ですが・・・外壁に塗装された塗料の内部では、いったいどういった現象が生じているのでしょうか?そもそも、3つの役割があり構成されています。その3つの役割とは?「顔料」「樹脂(合成樹脂)」「添加剤」になります。
「顔料」とは?外壁資材として使用されている塗料の成分とは色を発色させる「樹脂(合成樹脂)」、為の役割を担っています。外壁資材や顔料を保護する事で、建物の美観やその機能性を保護する役割を担っているのです。この2つのそれぞれにその機能を充実させる事により、外壁に顔料を塗布しやすくなります。この役割が、3つ目の「添加剤」というものの果たす役割とされているのです。外壁資材に使用する塗料の基本的構造とは?樹脂種類が複数(アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素)ありますが、これらが混ざった塗料にシンナーや水を溶かすのが、外材に使用される塗料の基本となるのです。
顔料とは?「チョーキング現象」を起こす一つの原因となります。顔料とは、最初から塗料の様に水溶性の物ではありません。本来は粉状の物となります。
そこに水や樹脂と添加剤を混ぜる事によって、使用されるのです。
外材に使用された塗料とは、合成樹脂となり塗膜を形成し、顔料塗布面は保護塗った面を保護します。ですが、毎日紫外線が降り注ぐ事や、雨や風といった日常的な自然現象により、この塗膜を保護していた合成樹種は劣化して分解される事となるのです。この劣化状態については、フッ素樹脂の方が耐久性が長いとされています。フッ素樹脂の方が、保護膜の耐久性があり、紫外線に強く分解されにくい性質があるのです。
ですが、保護膜であるはずの樹脂が分解されてしまったり、塗膜としての安定性を確保してくれていた添加剤が、ある程度分解されてしまった外壁となると、顔料が裸の状態となってしまうのです。こうした様に、顔料の劣化によって粉状態に戻ってしまった外壁は表面が粉化した状態となります。この状態がチョーキング現象と呼ばれるものとなるのです。
これらの原因の他にも、施工不良というケースもあります。


チョーキング現象は水で洗えばいいの?

チョーキング現象とは、紫外線等の自然現象により塗膜表面の樹脂が劣化、分解される事によって、顔料がむき出しとなり粉状になる状態の事となります。こうした状況になると、外壁を保護する力はほぼないと言っていいでしょう。チョーキング現象が発症する事によって、その建物の寿命の目安を知る事にもなるのです。そのサインを的確に捉える事も、建物を管理する上では必要な事の一つとも言えるでしょう。適正な時期に再塗装を行いましょう。
そんな、チョーキング現象を起こしている外材とは、ほぼ塗料の保護がない裸の状態にあります。本来は、外材が水を吸収しない事を目的として塗装されていました。ですが、外壁が剥げてしまう事によって外材は水を吸収してしまうのです。当然、水を吸収したままの状態でいるとカビや苔を繁殖させる事となり、建物の美観上もよくありません。こうした状況が継続する事となるち、壁そのものも動いてしまう事があります。クラック現象の原因ともなります。
チョーキング現象が発症した時に適切な処置をする事が、建物の維持管理においては、重要な事と言えるのです。
そこで、チョーキング現象に気が付いた時ですが・・・いったいどういった処置をするのが適格と言えるのでしょうか?よくあるのが、こうしたケースです。
間違った対処法ですが、粉っぽくなったからといって外壁に水をかけてしまい粉を流そうしたり、ブラシでゴシゴシこすって粉を落とそうとする・・・
確かに気持ちはわかりますが・・・チョーキング現象は、塗膜の劣化から起こるものなので、水で流しただけ解決になりません。高圧洗浄機で徹底的に洗い流酢なんて、勿論論外です。ブラシでゴシゴシ強くこする事もNG。研磨剤を使用する方もいますが・・・保護膜(コーティング)がなくなるだけです。
チョーキング現象に気がついた時、慎重に対処しましょうね。素人判断で、水をかけて処理してしまう事がない様に・・・研磨剤でゴシゴシなんてしてしまう事で、保護膜が剥がされてしまい、二次災害になってしまう事があります、最悪なケースとなると、家の下地を傷つけてしまう可能性だって出てくるのです。
チョーキング現象が壁全体に起こっている時は、一部分を流したとしてもどうにもなりません。まだまだ塗面には沢山の顔料の粉が外壁に残っているのです。乾けばまだまだ粉が出てくるのです。そんな厄介なチョーキング現象が起こってしまった時は、徹底的に高圧洗浄で流しましょう。その後に再塗装し、塗りつぶしてしまう方法しかありません。水だけで洗い流しても、どうにもならないのです。


チョーキング現象抑えるラジカル塗料とは

外壁や屋根に使用されている外材とは?その仕様上、どうしても劣化を避ける事は出来ません。確実に耐久性が落ちる事となり、メンテナンスをする必要時期がやってくるのです。理想的な再塗装としては、10年に1度が適切な時期とは言われています。
その住宅の施工方法により、再塗装の時期はことなりが・・・使用されている塗料のグレードにより耐久性が異なるからです。10年はあくまでも一つの目安と理解してくださいね。そこで、外壁塗装のタイミングを図る方法の一つとして、最適な方法が「チョーキング現象」とも言われています。再塗装の一つの判断材料としてくださいね。そんなチョーキング現象について説明しますね。象って何?原因は?
チョーキング現象とは、外壁を手で触った時に、手に白い粉が付く現象の事を言います。
白亜化現象等とも呼称されており、主な原因となるのが赤外線、熱、水分、風等の自然現象により、塗装の表層樹脂が劣化して起こる症状であり、外壁は顔料の粉状で覆われるのです。この現象が起こると、すぐに再塗装の必要があるの?と思う方もいるでしょうが・・・あくまでも、一つのサインと理解してくださいね。
チョーキング現象が起こると、防水性が悪化し外壁が雨水を吸収し始めます。
素人では、処理出来る問題ではなくなります。症状を見つけたら、早いうちに専門業者に見て貰る方が良いでしょう。そこで、チョーキング現象を抑える方法がないものか?
と思われる方も多いでしょう・・・確かに専門家の範疇になりますが、抑える方法があります。使用する塗料によって、チョーキング現象とは抑える事が出来るのです。比較的新しい塗料を使用すると効果的です。その新塗料とは?「ラジカル塗料」と呼ばれるものとなります。大手塗料メーカーからも「ラジカル塗料」の製品が販売されています。この
ラジカル塗料を外壁に使用する事によって、チョーキング現象を確実に抑制する事が出来るとされています。ラジカル塗料とは、耐久性が高く、非常に外壁塗料としても効率的に機能します。業者によっては、一番人気のシリコン塗料よりも効率的な塗料として、お勧めする業者もあります。今、注目されている塗料となります。
施工当初から、ラジカル塗料を使用する事によって再塗装の時期が延びる事で、相対費用を安くする事も出来るとして、施工当初からラジカル塗料を使用する施主様も多いとか?
確かに、効率的な塗料である事は間違いありません。